東京から出張してきた男の人とご飯食べたら…

誰か食事しませんか?奢ります」。
ある日、出会い系アプリの地域掲示板でそんな書き込みを見つけました。

 

>>セフレが欲しい人のアダルトな大人の関係の作り方は行動するだけ

 

書き手の男性のプロフをアプリで確認すると、東京の人みたい。
うわ〜都会の人か〜。
ずっと地方暮らしの私は「東京」とか聞くと、ついつい憧れを抱いちゃうのです。
東京の話を聞きたいな…、そんなふうに思って、「よいお店知ってます」と彼にメールしたら、「じゃあ会いましょう」とすぐに返事が来ました。

 

待ち合わせ場所に現れた彼は、細身のスーツが似合う都会っ子という感じ。
私、変な格好してないかしら?と、なんだか気遅れしちゃいます。
郷土料理が売りの居酒屋では、東京のことをいっぱい聞かせてもらいました。
東京への憧れは募る一方です。
22時に閉店となったので、私たちは外に出ます。
奢ってくれてありがとうとお礼を言って、終電の時間のことを考えてたら、「俺、近くのホテルに泊まっているんだけど、寄ってかない?」と彼が言います。
えっ、どういうこと?「でも私、明日仕事が…」。
「俺だってそうだよ。でも、君のこと気に入ったんだ。俺の大人の恋人になってよ」
大人の恋人ってセックスするっていうこと?私、そんなつもりじゃなかったのに…。
私は走って逃げようかと思ったけど、彼が私の腕を強く掴んで離してくれなくて、私はなんだか怖くなってしまい、彼の言いなりになってホテルの部屋まで行ってしまいました。

 

部屋に入るなり、彼は衣服の上から私のカラダを乱暴にまさぐってきました。
私はちょっと抵抗しようとしましたが、「出会い系アプリの大人の恋人とホテルに来るってことはセックスOKということでしょ?」と彼に言われて、ああそういうものなんだ…と諦め、あとは彼の好きなように抱かれることになりました。
東京の男の人は優しいって聞いてたのに、彼は私の頭を抑えつけてフェラチオさせようとするし、とても乱暴ですした。
でも、東京の男の人はセックスが上手いって話は本当で、彼に突かれるたびに私の全身には快感が走り抜けて、私は何度もイカされてしまいました。

 

明くる朝、ホテルの前で別れを告げようとすると、「俺ちょっと強引だったかもしれない。
ごめん」と彼が謝ってくれました。
なによ今さらとムッとしたけど、「また大分に来るときはメールして」と彼に私のメールアドレスを教えました。
彼のセックスが気持ち良すぎて、また会いたいなと私は思ってしまったのです。
彼はびっくりした様子で「今度は優しくするよ」と言います。
当たり前よ、と私は思いながら、私は早朝の駅へ向かって颯爽と歩き出しました。
【大分|20代|女性|会社員】

東京から出張してきた男の人とご飯食べたら…関連ページ

40代でも若い女のセフレと絡みたくて出会い系アプリを利用
アプリには若い男性も多く居ますから、白髪混じりの私を相手にしてもらえるかどうか不安でしたが、男性と違って女性には年上好きが多くいるようで、割と簡単に付き合ってくれる女性が現れました。しかも、セフレとして体の関係も持ってくれるというのです。
無反応な妻では興奮しないため出会いアプリでセフレと出会う
出会いアプリでエッチが楽しめる女性を探すのは、無理なのかと思い始めてきたのです。しかしそんな事を考えていた時、やっとエッチまでたどり着ける女性と会う事が出来たのです。
会社員が出会いアプリから安定的に性を供給される生活になった
出会い系アプリに登録してそろそろ10年目になる会社員です。これまでに、セフレを求めて様々な出会いを経験してきました。今となっては、月に2回程度は女性と逢い(定期さん、新規さん含む)、それぞれで大人の行為に取り組んでいます。
ホテルですぐに挿入したがるエロい30代キャリアウーマンと即マン
先日の休日、ゴロゴロしていたら、彼女からメールが来て、『今から会える?』と書いていたのです。また、エッチしたくなったんだろうなと思い、OKメールをして、急いで、待ち合わせ場所に行くと、彼女が立っていました。
性欲を満たせるセフレが欲しい僕が積極的な相手を作った
太っている私を相手にしてくれる女性は出会いアプリと言えどもおらず、性欲を解消できずにいらついていたのです。ところがある日出会いアプリを通じて、一人の女性が私に連絡をしてきました。
離婚して寂しいから掲示板アプリでセフレを作り関係を続ける
離婚して3ヶ月経ち毎日エッチしてた身体がひと肌恋しくて出会い系掲示板アプリに登録してしまいました。 前の夫はエッチが好きで毎日していました。